RSS

チャネルラインは基本の「き」

北の将軍様に何らかの異変が生じたようです。
昨年末12/28~31の4日間にわたる異例の総会とか。
政変か、健康不安かは定かではないが諸説飛び交っています。
香港民主化運動に始まり、台湾総統選挙は民進党蔡英文氏に、東アジアが激動の年となりそうです。
中国経済は衰退の一途でも共産党は体制保持に躍起となるだろうし、軍事衝突も想定に入れておくべき
でしょう。11月は米大統領選挙も控えています。
今年は中国の前に韓国が確実に逝くでしょう。
------------------------------------------------------------------------------
日足・4時間足チャートにチャネルラインのみを引いてトレード。
獲得ppは月平均300ppで専業。
1月14日:シグナルトレードファクトリーのゲストさんの手法
 動画26分頃から
【個人的感想を述べますと‥】
1)チャネルラインは大事だが、これだけに頼るトレードはスキだらけ。
 しかも観察足が「日足や週足となると天底上下振動の揺さぶりでLCされるリスクが大きい。
 タイミング掴みが困難 → 必然的にLC幅を大きくせざるを得ない。
2)天底待ちなので1通貨ペアでは周期的にチャンスが少な過ぎる → 多くの通貨ペア観察の必要あり
3)収益月300ppはショボい → 専業レベルに上げるなら建玉100枚~200枚となり不安が残る
 まとまった資金が必要 → 1回の損失もそれなりに大きくなる。
【結論】
もっと勉強して、レベルアップしてからのリアルトレードをお薦めします。
長い時間に亘りホールドすればするほどリスクは高まります。相場は「一寸先は闇」。
チャネルラインは基本だが、応用も利かせないと、専業としては心細い。
稚拙な単一手法で満足していると時間を経ても上達しません。
(大事なチャートパターンを見逃す恐れあり)
良し悪しの判断は個人にお任せします。
------------------------------------------------------------------------------
ということで、こんなのを真に受けずに堅実なトレード法を身に着けて頂きたいものです。
当方なりのチャート分析法(1例)を紹介します。
ちょっと長くなるかもしれません
参考になるかどうか。(100人いれば100通りの方法があるし)
また、拙い文章で本意が伝わるかどうか疑問が残りますが。

まずチャネルラインを引きます。
過去の高値と高値、または安値と安値、主だった頂点同士の2点を延長し、3点目の反応を見る。
チャネルラインは精度の高いアノマリー、目安ラインの一種です。100%機能すると思うと痛い目
遭います。短期軸より長期時間軸のほうが信頼性が高いだけ。1-2-3の法則、3-5-8の法則を参照
右上がり、右下がり、どちらかのラインが引けます。(これが大きなトレンド方向です)
過去の確定ポイント、最初と2番目のポイントで引けたラインには傾きがあるのでこれをコピーして
平行移動したものがチャネルラインです。
(チャネルでなく上下2点同士を結ぶとウエッジ等の図形が見えることもあるのでチャートパターンと
しての活用も一考)
ラインは、上昇だから安値同士を、下降だから高値同士を結ぶというのはお決まりのケースでのみ。
例外的には確定ポイントがしっかりしていれば、上昇の場合でも高値同士を結んだラインを基準として
採用することもあります。(この辺の考えは臨機応変・柔軟に)
6-チャネルUSDJPY

久し振りにEURUSDを例に見ていきます
日足では適切なエントリーポイントが明確でないし精度を上げる必要あり。
1-チャネルライン
次に4時間足ワンチャートで見える範囲で最近の部分を分析します。
2-4時間チャネル
チャートの内部構造を分析し、設計図面の仕組みを知っておきましょう。
家の建築と同じで、大黒柱や梁や筋交いが見えてくれば本物。
床(底)と天井を結ぶ空間には5段の階段まで存在します。
支配波は家で例えれば<大黒柱>的なもので、とても大事な存在。
3-波を数える
時間をかけて揉み合った場所は今後の展開における重要なポイントと認識されるので注意。
1階と2階の、2階と3階の間など、階層区分として見ることもできます。
3-波を数える
次は、大黒柱を基準にフィボナッチ定規を使って寸法を測ります。
一定レベルでストップしたら程々の達成感ありで、暫定高値確定、その後大黒柱内で上下動します。
このストップ地点も前の波で測ればフィボ相当値になっていると思います。
5-フィボナッチ
これは後付けではなく、10/1と11/29の安値が確定した時点で切上げラインの角度が決まるのでチャネ
ルが描けるはず。ジグザクラインは筋交いに相当すると思えばいい。
エリオット波動の知識があればさらに良い。
大黒柱を発見すると、これを基準にして伸びるであろう将来の位置が想定できます。
人間は生きているうちにアタマ使わなければ意味ないし。
思考の概略をご披露しました。
(これだけでは見えて来ない詳細部分を見出す方法はまだありますが、今回はこの辺で)

レッスン生募集6
 〈通算記事番号:1415〉


デイトレードランキング